ダイエットは食事制限と運動のバランスが大切な理由

ストレスフリーの意味の画像 ダイエット
  • 運動はしたいけど、食事制限はしたくない
  • 食事制限はできるけど、運動はしたくない
  • どっちもしないと痩せないの?

という悩みはダイエットにつきものです。

とくに多くの人は体力的に楽な食事制限をしがちですが、大半が間違った食事が原因で痩せることに失敗してるんですよね。

でも、ダイエットは運動・食事+生活習慣のバランスがとれたことで、はじめて効率よく痩せることができます。

そこでこの記事では、ダイエット初心者のあなたが効率よく痩せるために、実際の体験談を基に・・・

  • 運動と食事制限の重要性
  • ダイエットとストレスの関係性
  • おすすめの運動とストレス対処法

について、トレーナーMOTOが解説します。

運動と食事制限どちらも行うことが大切

運動をしている女性の画像

ダイエットを行う上で大事になるのは、食事制限と運動のバランスになります。

なぜなら、どちらか一方だけやっても上手く痩せないと感じたからです。

ダイエットというと、どうしても食事制限をメインに考えてしまいがちですが、痩せたいなら運動と一緒に行う方が効率が良いです。

とくにダイエットをやる時に大事になるのは、ストレスをいかにして軽減するかということ。

食事制限だけでも運動だけでもダイエットは上手くいかないです。

【解説】

ダイエットは食事制限と運動のバランス!

この2つがすごく大切になるんです。

どちらか一方をおろそかにしたらダイエット成功しにくいといっても過言ではありません。

体験者さんは運動と食事制限のバランスの大切さを感じたからこそ、ダイエット成功したんですね。

また、ストレスがダイエットに大敵ということもご存じ!

素晴らしいですね。

ストレスは血糖値の上昇に大きく関与しているので、なるべく抑えた方がいいです。

女性が、ストレスに悩んでいるイラスト

私たちはストレスを感じると体を守るためにコルチゾールというホルモンが分泌されます。

体を守るとはいっても多く分泌されると血糖値が高くなりやすいので、ダイエット時はなるべくストレスは避けた方がいいですよ。

血糖値が高いということは、すい臓からインスリンが十分に分泌されていない状態。

インスリンは血糖値を一定に保つ作用があるので、分泌されにくいということは糖尿病にもなりやすいということですね。

糖尿病でインスリンの注射をしている女性のイラスト

ストレス過多の人はこういった理由から、糖尿病などの生活習慣病になりやすいわけです。

ですが、ちょっと待った!

実はストレスは悪いことばかりではないんです・・・

ストレスを上手に活かそう!

ストレス=悪と印象が強いですが、実はそうとも言い切れません。

とはいっても長期間のストレスは私たち人間の体に害を及ぼしてしまう可能性が高くなります。

しかし、ストレスを感じ始めてから数日から2週間程度までなら、逆にいい影響を与えることもわかっているんですよ!

ストレスがかかることでアドレナリンとコルチゾールの分泌により、やる気アップや集中力向上など乗り越えなければならないことを打破するエネルギーにもなります。

やる気に満ち溢れている女性の画像

アドレナリンは興奮ややる気アップ、テンション向上したときに分泌されるホルモンと思ってください。

ストレスを感じたときこそ、行動することでパフォーマンス性がアップする場合もあるわけです。

なので2週間前後の短期間なら問題なく、一ヶ月以上続く慢性的なストレスの場合は瞑想や運動など自分の好きなことをしてリフレッシュをしましょう。

瞑想の仕方は下記の動画が参考になります!

私は基本下の動画をもとに毎日朝か夜に行うようにしています。

おかげで心身の緊張をため込まずに生活できるようになりました!

マインドフルネス瞑想 ストレスを軽減しポジティブ思考になる #244

ストレスとうまく付き合うことで、人生を向上することにもつながるんですね。

食事制限と運動の質を向上させよう

ヘルシーな食事の画像

食事制限だけ行っても極端な食事制限をしないといけなくなってしまい、かなりストレスを抱える事になります。

運動だけやっても食事制限をしないと結局食べてしまい、余計なカロリー摂取をしてしまいます。

よって結果、痩せないです。

なので、ダイエットをするなら食事制限と運動も辛いと感じない範囲で行って、カロリーを消費するのが大事です。

そうすれば無理なくダイエットができて徐々に痩せていきます。

【解説】

健康的に痩せたいなら体験者が言う通り、運動と食事制限が欠かせませんね。

ここでストレスのかからない食事や運動が分からない方のためにアドバイス!

なるべくストレスを感じにくい食事

コンビニの画像

食事は基本的にジャンクフード、コンビニ弁当やファミレスを食べなければ大丈夫です。

今まで上記の食事が好きで頻繁に食べていたなら、まずは食べる日数を半分に減らしてみましょう。

いきなり完全に食べなくなるとストレスが溜まりやすいので、あくまでも自分のペースでですね。

今まで添加物が大量に入っている食事を食べてきたなら注意が必要なんです。

例えば、添加物が大量に含まれているということは、栄養素もすくない証拠。

添加物は人によって作られた人工的な化学調味料です。

そんな調味料に栄養はないんですよ!

コンビニ弁当は栄養がないのに、カロリーはバカ高いので太るのも当然。

天然の素材を加工した調味料は栄養がありますが、安くておいしいものにはほとんど添加物が含まれているんです。

添加物によっては腸壁を傷つけたり、内臓機能、脳など神経伝達物質の障害など引き起こしかねません。

栄養が少なくカロリーは高いので体はおもうように代謝を行うことができず、脂肪として蓄積されやすいんです!

また、「このコンビニ食はヘルシーでダイエットにおすすめ!」と宣伝されている商品も実は原材料に問題があったりします。

例えば、某サラダチキンはおいしく、柔らかくするために化学液体につけていたりしているんですよね。

肉でいうと、抗生物質や成長ホルモン入りのエサで育った肉などです。

一見ヘルシーでおいしくても、実は健康を害する食材は身近にあったりするんですよね。

オーガニックなら栄養価も高いものが多く、太りにくい傾向にあります。

なので、なるべくダイエット時はオーガニック食材がおすすめですよ。

運動でストレス過多にならないために

ストレスの画像

ストレスを溜めない為の運動は簡単!

やる気があるときは運動する!ないときはしない!

とメリハリをつけることです。

「ダイエットしているから、今日も頑張らないといけない」と思うから、ストレスになるんですね。

やらないといけないではなく→やってみよう!

と思った日にやればいんです。

「今日は休む代わりに、明日はやるぞ」と休みと運動のメリハリをつけましょう。

さぼったからって、罪悪案にとらわれることはないですよ。

自分にムチを打つのも大事ですが、アメとのバランスを。

ですが、さぼり過ぎは意味無いので、週に2日は運動をするときめて、やる気がある日に行ってみてくださいね。

ストレスが少なく効率よく痩せる運動

ウォーキングしている画像

運動を行うなら筋分解を最小限に抑えるウォーキングと軽い筋トレがおすすめです。

筋肉の分解を最小限に抑えることは、

代謝を下げない為=リバウンド予防

車でいうと、、、

  • 低燃費自動車=代謝が悪い人(基礎代謝が低い)
  • 四駆や戦車、大型車=代謝がいい人(基礎代謝が高い人)

となります。

つまり、筋肉量が多い人ほど消費エネルギーが高く、太りにくいんです!

日頃から筋トレをし、筋肉量が多い場合、好きなものを食べても太りにくいですし、我慢のストレスもなくなります。

私も日頃運動をしているおかげで、一日4食~5食好きなものを食べていますが太りませんよ(笑)

個人差はありますが、日頃の積み重ねで病気や肥満のリスクを大幅に低下させるので、ウォーキングや筋トレなど好きな運動で体を動かしましょう。

ダイエットは長期手に楽しみながら行うことがコツ

果てしない道の画像

また、運動をする事で意外とストレスの発散にもなるので、ダイエットを行う際は体を積極的に動かすべきです。

そうやってバランスよくやる事で、辛いダイエットも意外と楽にできるようになります。

時間がかかっても痩せれば良いと思える人にはこの方法が一番おすすめですよ。

【解説】

運動はストレス発散にかなり有効ですね。

とくに、食事制限のみの短期間ダイエットなら問題ありませんが、人によっては2か月以上~行うことも。

ストレス耐性は個人差がありますが、ちょっとの食事制限が原因でメンタルを壊す場合もあるんです。(知識が無い独自の間違ったダイエット方法を行った場合)

そうならないために、ウォーキングや軽い筋トレが有効なんです。

かるい運動を行うことで全身の血流を促進するので、脳へ酸素や栄養の補給を促します。

脳に酸素や栄養が十分に行き届かないと、正常に機能しないので、ストレスに弱くなったり、疲労感、鬱、パニック発作などさまざまな悪影響が現れるんですよね。

人間にとって体を動かすことは、身体機能維持だけでなく脳機能維持にも必須なことです。

メンタルの不調の人は朝の運動がおすすめ

朝にウォーキングする画像

ストレスに関して解説してますが、メンタル疾患を患っている方は朝の運動がおすすめ。

朝起きて→日光を浴び→その場足踏み、ウォーキング、腕振り、なんでも構いません。

朝日を浴びながら体を動かすことで、副交感神経(リラックス・就寝中)から交感神経(活発・集中)の切り替えがスムーズになり、不眠症・メンタル疾患の改善や緩和に効果的ですよ。

ある人の話ですが、、、

自律神経失調症を患っており、仕事も退職をしたものの一向に症状はよくならず。

あげくの果てに症状が悪化し、引きこもってしまいました。

でも、ある日朝に以下のことを行うと症状改善に効果的と知りました。

  • 日光を浴びること
  • 腕振りやウォーキングなのどのリズム運動

それから数週間つづけたところ、自律神経失調症もかなり回復したんですよ!

リズム運動は自律神経のバランスを整える効果があります。

赤ちゃんの頃やお腹の中にいた頃、母親の心音や背中をトントンされて眠っていたんです。

大人になっても同じこと。

ウォーキングなど一定のリズムで体を動かすことは、産まれる前からの影響なんですよ。

朝に運動をし食事に気を付けることでメンタル疾患と肥満どちらも改善・予防につながるんですね。

ダイエットには食事制限と運動が大切な理由のまとめ

さて、体験者が経験している通り、ダイエットは時間をかけて、運動と食事制限を無理なく行うことで一番健康的に痩せることができます。

すぐに痩せなくてもいいのであれば、まずは食べる物の質を変え、軽い運動がおすすめ。

コンビニ食をなるべく控え、できるだけ自炊をし、ウォーキングや筋トレを行ってくださいね。

またダイエットは短期間ではなく3ヶ月以上~の長期間で地道にすすめることが成功の秘訣。

数週間から2か月などの短期間は体の負担にもなり、リバウンドの可能性も高いのであまりおすすめしません。

ダイエットは無理なく楽しめる範囲で計画的に進めていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました